仕手銘柄は危険がいっぱい?

仕手筋が狙いやすい銘柄は流動性があって、ある程度の値動きがあるものが狙われます。値動きがないと大きな利益を狙うことが出来ませんから、ほとんど狙われません。そして、市場参加者がある程度は必要ですから、規模もそれなりにあるものが仕手株として狙われやすくなります。規模が小さいと自分たちしか売り手と買い手が存在しなくなるため、売り買いがなかなか成立しないということになるからです。

そのため、市場である程度の規模があって、値動きが大きいものが仕手株の候補となりやすいといえるでしょう。また、市場心理が読みやすくニュースなどで株価操作が容易になる銘柄は仕手株の候補にしやすいともいえます。

そして仕手筋が仕掛けた株価の上昇に釣られて提灯買いが入りさらなる上昇を期待し買ってくれる投資家たちが群がるのです。
仕手株というのは仕手になっているということをわかってあるいはわからずとも、株価が上昇をすることによって上昇をするから買うという投資家が一定の割合で発生します。株価が上がる理由というのは様々ですが、その中のひとつに上がっているから上がるというものが有り理由を関係なしに、ただ皆が上がると思って買うから上昇するというものがあります。

いわゆるイナゴ投資家というやつですね。目先の利益を求めて特定の銘柄に飛びついてきますので、そのような銘柄はまるでタワーのような状態にチャートが形成されています。これを一般的にイナゴタワーというのです。そして、一度その勢いがなくなっていくとイナゴのようにその場から立ち去っていくので、イナゴ投資家などと呼ばれるようになりました。投資家という名称が付いていますが、この事実からも分かる通り基本的にイナゴタワーを形成する人たちは投機家に分類される割合が非常に多いです。

仕手筋はこの状況を作り出すことができれば、あとはそれまで仕込んだ株をさらなる上昇を期待した投資家たちに売りつけ利益を確定することになるのです。
これは必ずしも一度で終わるというわけではなく、飛びついてきたところを一度利益確定をさせ株価を下落させた後に高値で掴んだ投資家たちが耐え切れずに投げ始めたところを拾って再度株価を上昇させ再度提灯がついたところで、また下で買い集めた株を売りつけるという繰り返しをしながら株価を釣り上げていきます。

そして、その最中には空売りなども入ることによって提灯買いと空売りの踏み上げの両方を狙って株価を吊り上げながら、仕手筋は利益を確定していくことになります。
そのため、一度提灯がつくと絶対に有利なのは仕手筋であり他の投資家たちは常に高値づかみをさせられるリスクが有るのです。

そのような仕手株を素人投資家が手を出すのは非常に危険です。
ただ、指を加えて見てるのももったいないので、そういった時は、株式投資のプロである投資顧問に相談をしてみるのが良いでしょう。

どの投資顧問が良いかは常に変化するので、投資顧問の口コミサイト投資顧問のランキングサイトをチェックするのがおすすめです。

公開日:
最終更新日:2016/05/26