仕手銘柄は危険がいっぱい?

仕手株はプロに任せろ!

仕手株の提灯ってなに

   

仕手株の提灯というのは、仕手株が仕掛けた株価の上昇に釣られて入る買いのことを指します。
仕手株というのは人為的に株価が釣り上げられて、相場を操縦される銘柄ですが一から十まで仕手筋が操縦をするわけではありません。
むしろ、途中で株価を上げてくれる協力者たちが必要となるのです。

もちろん、この協力者たちというのは直接協力を仰いでいるわけではなく、株価を吊り上げることによってさらなる上昇を期待し買ってくれる投資家たちのことを指します。
仕手株というのは仕手になっているということをわかってあるいはわからずとも、株価が上昇をすることによって上昇をするから買うという投資家が一定の割合で発生します。
株価が上がる理由というのは様々ですが、その中のひとつに上がっているから上がるというものが有り理由を関係なしに、ただ皆が上がると思って買うから上昇するというものがあります。

仕手筋はこの状況を作り出すことができれば、あとはそれまで仕込んだ株をさらなる上昇を期待した投資家たちに売りつけ利益を確定することになるのです。
これは必ずしも一度で終わるというわけではなく、飛びついてきたところを一度利益確定をさせ株価を下落させた後に高値で掴んだ投資家たちが耐え切れずに投げ始めたところを拾って再度株価を上昇させ再度提灯がついたところで、また下で買い集めた株を売りつけるという繰り返しをしながら株価を釣り上げていきます。
そして、その最中には空売りなども入ることによって提灯買いと空売りの踏み上げの両方を狙って株価を吊り上げながら、仕手筋は利益を確定していくことになります。
そのため、一度提灯がつくと絶対に有利なのは仕手筋であり他の投資家たちは常に高値づかみをさせられるリスクが有るのです。

 - 仕手株 ,