仕手銘柄は危険がいっぱい?

仕手株はプロに任せろ!

急騰株はいつ買うべき?

      2016/10/12

急騰株とは短期間で株価が急騰した株式銘柄のことであり、ジワジワと株価が上がるのではなく突然ストップ高になるほど株価が上がった銘柄のことだと想像しておけば分かりやすいと言えます。短期間に株価が急上昇すべき要因がある銘柄もあれば、投資家が株価の操作を行うために不当に吊り上げているような銘柄も急騰株の中には存在しているため注意が必要だとされています。

では急騰株はいつ買うべきなのかというと、株価の上昇が確実に見込める初期の段階か、株価が下落し始めて以前と同じ程度の株価に戻った段階のどちらかであると言えます。

株価の上昇が見込める場合は、株を購入したその日の内に手放すくらいの感覚を持ち、短期で急騰株を手放すことが大切になってきます。急騰株は翌日には一気に値下がりする可能性がある銘柄という側面もあるため、デイトレード方式で株を即日売却するような方には初期の段階での取引がおすすめできます。

逆に長期的に株価の上昇を待ちたいといった場合には、急騰している段階も下落している段階も避けて株の値動きが落ち着いた辺りでの購入を検討すべきだと言われています。作為的に株価が急騰した銘柄は、投資家が空売りを行なうことで急騰する前の株価にまで戻ることが大半なので、そのタイミングを見定めて購入するのが好ましいということなのです。たとえ株価が急落したとしても、急騰前より明らかに株価が下がるということは珍しいので、元も株価が一種の目安になっているのだといった認識を持っておくことが大切です。

急騰株を購入する際には現物取引に限定しておけば、信用取引よりリスクが少なくなるため、リスクリターンの計算を行なった上での売買も大切だと捉えておいてください。

株式投資を受ける前にhttp://toushi-meigara.com/、投資顧問の評価・評判をチェックしリスクをヘッジする癖をつけていきます。

 - 仕手株